出産・育児費用のサポート

医療費控除

本人や本人と生計を同一にする親族のために多額の医療費を支払った場合に一定の金額の所得控除を受けることができます。ただし、出産育児一時金や入院給付金などの支給を受けた場合、その金額分を医療費から差し引かなければなりません。

医療費控除対象額=その年に支払った医療費-保険金などで補てんされる金額-10万円又は総所得金額等の5%のどちらか少ない額

控除対象

  • 妊娠と診断されてからの定期健診や検査などの費用、又は通院費用
    ※電車、バス等の費用は領収書のないものが多いのですが、家計簿などに記録するなどして実際にかかった費用について明確に説明できるようにしておきましょう。
  • 急を要するためタクシーを利用した場合、そのタクシー代
    ※病状からみて、通常の交通手段によることが困難な場合は医療費控除の対象となります。
    ※実家で出産する際に実家に帰るための交通費は医療費控除の対象になりません。
  • 入院中に病院で支給される食事代
    ※これは、入院代に含まれますので通常必要なものは医療費控除の対象になります。

控除対象外

    • 入院時の寝巻きや洗面具など身の回り品の購入費
    • 病院から支給される食事を断って、他から出前を取ったり外食した食費

医療費控除を受けるための手続き

  • 医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を税務署に提出してください。その際、医療費の支出を証明する書類を確定申告書に添付するか、確定申告書の提出の際に提示する必要がありますので、レシートや領収書を必ず発行してもらい、保険して申告に備えましょう

お問い合わせ

高松税務署
高松市天神前2-10 高松国税総合庁舎
電話 087-861-4121
※自動音声案内

国税庁ホームページhttp://www.nta.go.jp

 

コメントは受け付けていません。