子どもを預けるときは…

幼稚園等

幼稚園とは

子どもの遊びを大切にした教育を行います。3歳(施設によって異なります。)から小学校就学前までのお子さんが利用できます。幼稚園でのさまざまな遊びを通じて、うまく人と関われるようになったり、言葉が豊かになったり、自然の美しさや不思議さに気が付いたりしながら、小学校以降の学習の基盤をつくります。教育時間は4時間が標準ですが、幼稚園等によって異なります。
私立幼稚園では、保育施設のように長時間保育する「預かり保育」を実施する園や、満3歳児を受け入れる園があります。 園庭開放や保育見学を行っている幼稚園等もありますので、できるだけ見学に行くことをお勧めします。

   利用できる施設 ・・・ 幼稚園、認定こども園(教育部分)

 

  • 入園の対象となる方
    幼稚園等を利用できるのは、3歳から小学校入学前までの子どもです。なお、市立幼稚園・市立認定こども園については、高松市内に住民登録をしている必要があります。(申し込みが多い場合は抽選などになる場合もあります。)

どうやって選べばいいの?

  1. 子どもにとってより良い環境かどうか
  2. 受け入れ年齢
  3. 教育時間
  4. 「預かり保育」の有無
  5. 送り迎えの手段(送迎バス・車・自転車など)

ポイント

  • 園庭開放や保育見学を行っている幼稚園もありますので、候補の施設は決める前に、できるだけ見学に行くことをお勧めします。

入所の申し込みはどうすればいいの?

1 入園申込 ⇒ 2 園で面接 ⇒ 3 入園

手続きに必要なもの

  • 入園申込書(認定こども園は入所申込書)

 

利用者負担額(授業料)について

市立幼稚園・認定こども園及び新制度に移行する一部の私立幼稚園については、保護者の前年度、又は当該年度の市町村民税課税額によって決定します。
また、一部の私立幼稚園では、園で授業料を設定しています。詳しい料金は各幼稚園に問い合わせましょう。 就学前教育の振興と少子化対策の一環として、保護者の収入によって授業料の減免又は授業料の補助制度もあります。
利用者負担額に加えて払う給食費、教材費、送迎バス料金などの雑費、入園時には園服代や入園金などが必要な幼稚園もあります。

 

補助制度

  • 就園奨励費補助制度
    私立幼稚園に就園する子どもの保護者に対して、授業料などの減免・補助を行い、保護者の経済的負担の軽減と幼稚園教育の振興を図ることを目的とした補助制度です。
    ただし市民税の課税額により、対象に制限があります。

 

  • 私立幼稚園就園費補助制度
    私立幼稚園に就園する子どもの保護者で、市民税の課税額超過により就園奨励費の対象とならない者に対して補助を行い、保護者の経済的負担の軽減と公私立幼稚園間の格差是正、幼稚園教育の振興を図ることを目的とした補助制度です。

 

  • 幼稚園第2子以降補助制度
    2人以上の園児を現に養育し、2番目以降の子どもを私立・国立幼稚園に就園させている保護者に対して、授業料などの減免・補助を行い、保護者の経済的負担の軽減と幼稚園教育の振興を図ることを目的とした補助制度です。

園庭開放

「園庭開放」とは幼稚園の園庭を、その園に通っていない子どもたちにも開放することです。
いつもの公園とは違った遊具や、清潔に保たれている砂場で遊んだり、年齢の違う園児たちと遊ぶことが子どもにとっていい刺激になるなど、いろいろなメリットがあります。
子どもにとってだけではなく、幼稚園の先生に育児の相談ができるなど、お母さんにもうれしいのが園庭開放のいいところ。
近所に住むほかのお母さんとも知り合えます。
園庭開放の時間や日程は各園によって異なりますので、まずは問い合わせてみましょう。

 

お問い合わせ

高松市役所6階25番窓口 こども園運営課
電話 087-839-2358

※国立・私立幼稚園に関する詳しいお問い合わせは、各園にお願いします。

コメントは受け付けていません。