らっこな子育ての第一歩!

不妊の経済的支援

高松市では、不妊治療(保険診療外のものに限る)を受けられたご夫婦に対して、経済的負担の軽減を図るため、治療費の一部を助成しています。不妊治療費助成事業には2種類あります。

種類

一般不妊治療(人工授精)費助成事業

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)費助成事業

対象者 ※いずれの不妊治療費助成事業も、以下の要件をすべて満たしていることが必要です。

  • 高松市内に住所がある法律上の夫婦
  • 治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること
  • 不妊治療が必要と医師に診断された夫婦
  • 申請日の前年(1月から5月までの申請については前々年)の夫婦合算の所得額が730万円未満であること(所得の範囲及び額については、児童手当法施行令第2条、第3条による)
  • 市税を完納していること
申請受付期間 治療の終了した日の属する年度日(3月31日)までに申請してください。
※3月中に治療が終了した方は、4月末日まで申請することができます。申請が遅れると助成が受けられなくなりますので、ご注意ください。

◆助成内容や申請方法など、詳しくは、高松市健康づくり推進課ホームページをご覧ください。

コメントは受け付けていません。