らっこな子育ての第一歩!

不妊の経済支援

特定不妊治療費助成

高松市では、不妊治療のうち、指定医療機関で体外受精、顕微授精の治療を受けた方に治療費の一部を助成しています。

対象者
  • 体外受精及び顕微授精以外の治療法では妊娠が望めないと医師が診断していること
  • 本人及びその配偶者は高松市に住所があること(配偶者については単身赴任など特別の事情がある場合はご相談ください。)
  • 治療開始時に法律上の夫婦であること
  • 高松市又は他の自治体が指定した医療機関での体外受精・顕微授精(特定不妊治療)であること
  • 夫婦の所得の合計額が一定金額未満であること
  • 市税を完納していること
助成内容 指定医療機関で、当該年度内に治療した体外受精及び顕微授精に要した費用に対して助成します。
※入院費や食事代など治療に直接関係のない費用は含まれません。
助成回数及び助成額
    • 治療開始時点の妻の年齢が、40歳未満の場合は通算6回、40歳以上の場合は3回助成します。
    • 1回あたりの上限額は、初回に限り30万円まで、2回目以降は15万円までで、通算2回に限り、5万円までを加えることができます。(治療内容によって、上限額が異なる場合があります。)
    • 特定不妊治療に至る過程の一環として行った男性不妊治療については15万円までを加えることができます。
    • 43歳以降に開始した治療に関しては助成対象外となります。

※1年度とは4月から翌年3月までをいいます。
※この助成額は、平成28年4月1日現在のものです。

申請受付期間 原則として治療が終了した日の年度の末日(3月31日)までに提出してください。
※3月中に治療が終了した方は、4月末日までに申請することができます。申請が遅れると助成が受けられなくなりますので、ご注意ください。
申請方法 治療した年度中に高松市保健センターへ申請してください。
〈提出する書類〉

  1. 特定不妊治療費助成事業申請書(市が定める申請書)
  2. 特定不妊治療費助成事業受診等証明書
    (指定医療機関の主治医が記入)
  3. 【高松市で初めて申請の場合、夫婦別世帯の場合】戸籍謄(抄)本
    夫婦が同一世帯に限り、2回目以降の申請時は省略できます。
  4. 【該当者のみ】夫及び妻の所得証明
    転入等により高松市に課税情報がない方のみ必要です。
    所得がない場合でも夫婦それぞれのものが必要です。
  5. 特定不妊治療を行ったことを証する医療機関の発行した領収書
  6. 印鑑・申請者の助成金振込口座番号(控)
助成方法 審査の上、承認した者に対し助成金を口座振り込みで支給

コメントは受け付けていません。