どうしよう、赤ちゃんの病気やケガ

医療情報サービス

こどもの救急ハンドブック(高松市保健所)

子どもが病気やケガをしたとき、症状ごとの対処方法や病院を受診するかどうかの判断の目安を掲載したハンドブックです。

  • 配布場所 高松市保健センター・こども家庭課(市役所6階)
    こちらからダウンロードすることもできます。
    こどもの救急ハンドブック
  • お問い合わせ 高松市保健所 保健対策課 地域医療対策室 087-839-3805

 

香川県広域災害・救急・周産期医療情報システム(医療Netさぬき)

香川県内の救急医療情報を提供しています。

※夜間急病診療所や夜間救急歯科診療所、休日当番医の案内を受け取ることができます。なお、休日当番医は休日のみご案内しています。

 

小児救急電話相談  電話 #8000 または 087-823-1588

民間への委託により、看護師が、毎日子どもの急な病気などの相談に応じています。(必要に応じ、医師がサポートする体制をとっています)※診断・治療はできません。

  • 開設時間 毎日の19:00~翌朝8:00

 

こどもの救急(日本小児科学会)

生後1か月~6歳までの子どもを対象に、夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうかの判断の目安を提供しています。
URL http://kodomo-qq.jp/

中毒110番(公益財団法人 日本中毒情報センター)

化学物質(たばこ、家庭用品など)、医薬品、動植物の毒などによる急性中毒について、実際に事故が発生している場合に限定して、応急手当や受診の必要性をアドバイスしています。

      • 大阪中毒110 番
        電話 072-727-2499(365日 24時間対応)
      • つくば中毒110 番
        電話 029-852-9999(365日 9:00~21:00対応)
      • たばこ専用電話(テープによる情報提供)
        電話 072-726-9922(365日 24時間対応)

※いずれも情報提供料は無料ですが、通話料はかかります。

中毒に関する詳しい情報は、ホームページでもご覧になれます。
URL http://www.j-poison-ic.or.jp

コメントは受け付けていません。