どうしよう、赤ちゃんの病気やケガ

未熟児養育医療・小児慢性特定疾病医療費助成事業

未熟児養育医療

体重が2,000g 以下又は身体の発育が未熟なままで生まれた赤ちゃんが、指定された医療機関に入院した場合、医療費の自己負担分を市が負担します。

 

小児慢性特定疾患治療研究事業

国が定める小児慢性特定疾病(704疾病)にかかっている18歳未満の児童で、疾病の状態が対象基準を満たす場合、医療費の自己負担分の一部を市が負担します。
対象基準は、主治医に相談又は小児慢性特定疾病情報センターのホームページにて確認することができます。

【お問い合わせ】

高松市保健センター 高松市桜町一丁目9-12
電話 087-839-2363

コメントは受け付けていません。