たかまつ ひとり親家庭サポートネット

離婚に伴うさまざまな変更

離婚によって扶養家族からはずれたり、氏名や住所が変わったりする方も多いと思います。 くらしのあらゆる場面において、必要な手続きを確認してみましょう。 離婚に伴って心身ともに疲れている方も多いと思いますが、期限があるもの、すぐに利用したいものを優先して変更手続きを行いましょう。

健康保険・年金の変更

扶養家族として元配偶者の勤務先の健康保険や厚生年金・共済組合に加入していた人は、自分で健康保険に加入し、国民年金への種別変更をする必要があります。
元配偶者の勤務先から社会保険資格喪失証明書を取り寄せた後、市役所の窓口で国民健康保険と国民年金の手続きをしましょう。
給与所得があって、すでに社会保険や厚生年金に加入している場合でも、子の扶養届や氏名・住所変更などの手続きが必要ですから、勤務先に届けてください。
※乳幼児医療証(小学校就学前)をお持ちの方は、保険変更の手続きが必要です。
※国民年金の保険料を納めるのが難しい場合は、免除申請ができる場合があります。加入手続き時にお尋ねください。

子どもの学校・保育関係

住所や家族構成など、提出済みの書類に変更が生じる場合がほとんどです。 学校や保育所などへ連絡してください。

名義変更や解約

手続きチェックリスト

□ 転出届・転入届・転居届
□ 印鑑登録
□ 健康保険・年金
□ 運転免許証
□ 乳幼児医療証
□ 児童手当
□ 児童扶養手当
□ 子どもの学校・保育所などの手続き
□ 郵便物転送願い
□ 電気・ガス・水道
□ 電話・インターネットプロバイダー
□ 銀行口座の解約・変更
□ クレジットカード
□ 各種保険
□ 不動産登記
□自動車の登録変更 ほか

※上記は氏名・住所変更に伴って手続きが必要なものの一例です。 ご家庭の状況によっては、その他にも手続きが必要になる場合があります。