たかまつ ひとり親家庭サポートネット

児童扶養手当

児童扶養手当は、18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある子ども等をもつ母子家庭の母親、父子家庭の父親、又は養育者に支給されます。
ただし手当を受給するには所得制限があります。

手当の支給要件

  • 父母が離婚した場合
  • 父親又は母親が死亡した場合
  • 父親又は母親が1年以上児童を遺棄している場合
  • 父親又は母親が生死不明の場合
  • 父親又は母親が1年以上法律により拘禁されている場合
  • 父親又は母親が重度の障害がある場合
  • 父親又は母親に裁判所から保護命令が出ている場合
  • 婚姻によらないで出生した児童を監護する場合 など

※注意※ 次の場合に該当する方は支給されません。

  • 申請者が母親(父親)の場合に父親(母親)が同住所にいるとき(事実婚等、社会的に共同生活を営んでいると認められる状態を含む)
  • 申請者が母親(父親)の場合に父親(母親)の保険証の扶養家族のとき
  • 児童が児童福祉施設(里親委託を含む)に入所しているとき
  • 申請理由が遺棄・拘禁の場合で、理由発生から1年未満のとき など

※注意※ 次の場合に該当する方は、手当額の一部又は全部が支給停止となります。

  • 申請理由が父親又は母親の障害の場合で、児童が父親又は母親の年金の加算対象であるとき
  • 申請者及び児童が公的年金を受けることができるとき(老齢福祉年金を除く)   など

申請手続き

  • こども家庭課の窓口で事前相談をしてください。
    ※必要書類は個々の家庭の状況によって異なりますので、窓口でご説明いたします。
  • 支給要件に該当する方は、「認定請求書」と添付書類を提出してください。
  • 児童扶養手当の認定を受けているすべての方(全額支給停止の方も含みます)は、毎年8月中に「現況届」を提出してください。
    ※毎年8 月1日における状況を記載し、引き続き受給要件があるかどうか、8月以降の手当額がいくらになるかを確認するためのものです。

児童扶養手当支給月額

対象児童の人数や申請者の所得額に応じて10円単位で算出します。下記の金額より少ない公的年金を申請者か対象児童が受給している場合(障害年金の子加算額も含む)は、年金額との差額を支給します。
※所得制限があります。

対象児童数 全部支給 一部支給
1 人 42,330 円 (ア) 42,320 円~ 9,990 円の範囲で決定(ウ)
2 人 52,330 円(イ)
*(ア)に10,000円を加算
(ウ)に所得に応じて9,990円~5,000 円を加算(エ)
3 人 58,330円
*(イ)に6,000円を加算
(エ)に所得に応じて5,990円~3,000円を加算
4 人以上 児童1人につき、6,000円ずつを加算 児童1人につき、所得に応じて5,990円~3,000円ずつを加算

児童扶養手当の所得制限限度額

申請者の前年中所得が下記の額以上の場合は、その年度(8月から翌年7月まで)の手当額の一部又は全部が停止になります。また、扶養義務者のいずれか一人でも前年中所得が下記の額以上の場合は、その年度の手当額の全部が停止になります。
平成27年分(平成27年1月~12月)所得  *( )内は所得額に対応する給与収入金額
【請求者本人】

扶養親族数 全部支給 一部支給
0 人 190,000 円
(920,000円)
1,920,000 円
(3,080,000 円)
1 人 570,000 円
(1,300,000円)
2,300,000 円
(3,623,000円)
2 人 950,000 円
(1,680,000円)
2,680,000 円
(4,105,000円)
3 人以上 以下380,000 円
ずつ加算(所得)
以下380,000 円
ずつ加算(所得)

 

【扶養義務者、配偶者孤児等の養育者】

扶養親族数 扶養義務者、配偶者孤児等の養育者
0 人 2,360,000 円 (3,707,000円)
1 人 2,740,000 円 (4,180,000円)
2 人 3,120,000 円 (4,655,000円)
3 人以上 以下380,000 円ずつ加算(所得)

限度額に加算されるもの
(1)請求者本人
・老人控除対象配偶者・老人扶養親族がある場合は、10万円/1人。
・特定扶養親族又は16歳~19歳の扶養親族がある場合は、15万円/1人。
(2)扶養義務者等
・老人扶養親族がある場合は、6万円/1人。
(ただし、扶養親族等がすべて老人扶養親族の場合は、1人を除く。)

お問い合わせ:高松市役所 こども家庭課 TEL 087-839-2353